スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Babysitter

img_8.jpg

この週末はピラティスのインストラクタコースがあり、旦那も外せない仕事が入ったので、T君をフィリピン人の女性に預かってもらうことにした。
一日目相当泣いたらしく、二日目の朝に
「どう、元気?」と彼女に聞いたら、
「昨日はものすごく疲れた。」
って開口一番言われちゃった。赤ちゃんの泣き声って疲れるもんね。
でも、優しそうなとてもいい人。テオも彼女が帰る時には、ものすごい笑顔を振りまいてた。

その夜は、カナダ人の友人Jと、東京から来ている彼のお友達と一緒に夜市に繰り出した。T君は旦那と家でお留守番。

Questa finesettimana ho avuto un corso di pilates e Miche ha lavorato. Quindi Teo e' stato con una signora filippina. Dopo primo giorno povera lei era molto stanca, perche' Teo ha pianto tanto.
Pero al secondo giorno e' stato piu bravo.

スポンサーサイト

ハンサム会 L'incontro con gli amici

アメリカから寄付されたロボット4台が被災地での作業に加わる事になった。瓦礫や建物の残骸を乗り越え、90キロまで持ち上げ、遠隔作用のロボット故、福島原発など危険地帯にもはいることが出来るそうだ。でも多くの命を助けたのはやはり人間。被災地の瓦礫の下に人はいないか、また怪我をさせないようにと細心の注意を払いながらの救援活動。実際の現地での活動は私たちの想像を絶する、辛く過酷なものなのだろう。でも納得いかないのは、何故救援物資をヘリや飛行機で空から落とせないのかという事。航空法で原則禁止されているそうだ。緊急の場合(まさに今回!)、物資投下は可能だが文書での申請手続きが必要。しかし、自衛隊はこの航空法から適応除外されているという。それなら、一体何故できないのか?

昨日は同じ頃に子供を産んだ日本人のお友達と集まった。
右からK君(6ヶ月)、うちのT君(5ヶ月)、T君(4ヶ月)、J君(2ヶ月)、順番にオーストリア人、イタリア人、南アフリカ、イギリス人とのハーフ。
ちょっと会わないだけで子供達は驚くほど成長する。親バカな私たちは、密かにこの会を「ハンサム会」呼んでいる。
ハンサム_convert_20110325142136
Con gli amici di Teo.

高円寺でシェアーハウスをしていた頃の同居人カナダ人Jが遊びに来た。彼はトランペット吹き。相棒のBARON(ウクレレ、タップダンス、歌)と素敵なバンドをしている。http://www.baronandjordon.com/
高円寺のおんぼろ日本家屋には世界中の色々な人がやって来た。数日滞在した人、数ヶ月居た人、時には定員オーバーにもなりながらの楽しい5年間だった。
Jordon.jpg
Il nostro amico Jordon. Abbiamo vissuto insieme a casa di Koenji.

私たちが去ったあとは友達が引き継いで住んでいる。だ~い好きな家だったから、大好きな友達が住んでくれて、嬉しい。
家好きが生じて、ミニチュアまで作ってしまった。
Mini+Koenji+House_convert_20110325141716.jpg
Un modellino della casa di Koenji. Quanti ricordi! Ora vivono i nostri amici.

色々な土地の色々な家に住んだけれど、それぞれの匂いが、光が、空気が懐かしい。思い出がたくさん。この香港の家も、家族3人になってはじめての家。きっと大切な場所になるだろう。またミニチュア作らなきゃ・・・。




10周年 Anniversario

先日は旦那と出会って10周年記念だった。小さなケーキでお祝い。
10aniversario_convert_20110323174348.jpg
L'anniversario di 10 anni.

出会った頃はこんな。若かった!
Tiki+foto[1]_convert_20110323175254
10 anni fa. Eravamo cosi giovani!
MicheNori_convert_20110323175124.jpg
これからもどうぞよろしく。

昨日はお友達のEちゃんと娘のAちゃんが遊びに来た。
AnnaTeo_convert_20110323180138.jpg
ermi1_convert_20110323180416.jpg
Mia amica e sua bimba sono venuti a casa mia. Che balla bambina!!!


東京都23区と多摩地区5市で乳児の水道水摂取を制限するようニュースでやっていた。乳幼児を抱えるお母さんは本当に心配だろう。香港でもスーパーから日本の野菜、粉ミルクが消えている。これからどうなってしまうのだろう。これから出産を控えている友人たちが数人いるので心配だ。

奇跡

9日ぶりに2人救出された。孫とお婆ちゃん!朝から素晴らしいニュース!!
IAEAは日本の主都市に関する安全宣言を出しているし、WHOは日本への渡航OKを出し、ヤマト運輸も東北地方の郵便物も受け付け始めた。よい方向に向かってきているのではないか。
昨日は友人のイタリア人Lとアメリカ人Cが住むディスカバリーベイに行ってきた。
香港島からフェリーで30分。彼等の住まいは船だ。海に浮かんでいるが、基本は動かない。
今回の原発事故の影響を心配して、この香港の船に住む友人を始め、イタリア人、スペイン、ドイツ人のたくさんの友人たちが私の日本の家族の受け入れを申し出てくれている。本当にありがたい。
過酷な環境での避難を強いられている方々の心の傷は計り知れないが、少しでも快適な安心した生活が一日でも早くできるようになりますように。

闊ケ縺ョ螳カ_convert_20110321133501
・エ・・ス擾シ」・茨ス抵ス会ス点convert_20110321133414
・エ・・ス擾シウ・費ス・ス鯉ス鯉ス\convert_20110321133327

Oggi sono state trovate le due personi dopo 9 giorni!, un ragazzo con la sua nonna! Un miracolo. Che bella notizia dalla mattina!
Ieri siamo stati dai nostri amici. La casa di loro e’ una barca!
A Teo piace il cane!







日本人であることの誇り

香港に戻って来た。主人やイタリアの家族は、日本の家族と一緒にいる私に、家族をおいてすぐに香港に戻れとは言わなかったけれど、小さなT君のことを思えば心の中では不安でいっぱいだったはずだ。

香港に戻っても気持ちは日本のまま。NHKやCNNなどニュースから目が離せない。海外のメディアは放射線の危険性をかなり深刻にとらえている。日本のメディアは細かく数字を発表しながら、混乱きたさぬべく、慎重に説明している。ただただ危険だと報道をするのは簡単だ。いずれにせよ、専門家の意見を聞き、情報をインターネットなどで得るなどしながら判断するしかない。

昨晩も寒かった。被災地で暖も取れず、情報も十分に得られず、水も食糧も不足するなか、気丈に必至に助け合いながら生き延びようとする人々。香港に来てしまった自分を責めたくなる。何かできるのではなかったか? でもいる場所で、できる限りのことをするしか無い。今朝のテレビ番組で被災地の方からのFAXが届き紹介された。
「 被災しなかった人たちは、普段の生活を続けながら、日本経済を立て直すべく頑張って下さい。被災した人は被災地で戦いますから、お互いに頑張りましょう!」
と励ましのFAXだった。家族を、友人を、家を全てを失い、災害を生き延びたというのに被災地の悲惨な状況で更なる逆境に苦しんでいる、それでも他人を思いやる気持ち、助け合う気持ちを失わない方々。現地での救助、援助活動に寝る間も惜しみ全力を注ぐ方々。日本人はこうだったんだ!と思い出させてくれ、同じ日本人であることを誇りに思う。
この救助された年配の男性のビデオは元気と勇気を与えてくれる。昨年他界した父にどこか似ていることもあり、何度も見てしまった。
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo

一日も早く、被災者の方々に救援物資が生き渡ることを、そして原発の被害がこれ以上の拡大しないことをひたすら願う。

香港のスターバックスでは3時から5時の間の売り上げを全額日本への義援金として寄付することになった。3時に家の下のスタバにいったら、レジに並ぶ人であふれ、店内に入れないほどだった。皆が日本を応援してくれいる。

teobackhome.jpg
香港到着、空港にて。All'aeroporto di Hongkong con suo papa.


Siamo ritornati a Hongkong, pero non posso fermare a seguire tutte le notize di Giappone.
Le medie in estero considerano che la situazione dell’emmisione dei radiazioni sia grave ed anche per gli abitanti di Tokyo sia pericoloso. Ma le medie giapponesi invece dicono che a Tokyo per momento non c’e un pericolo assolutamente. Comunque provo di raccogliere le piu informazioni possibile per capire meglio la situazionem per la mia famiglia.
Mio marito e mia famiglia italiana non mi hanno chiesto di tornare a Hongkong lasciando la mia famiglia, ma so che per loro e' stato difficile sapendo che ero con il piccolo Teo a Tokyo.

La gente che ha soppravisuttuo ma ha perso tutto, contiunuano a soffire nel rifugio per la mancanza dell’aqcua e il cibo e senza il riscaldmento. Il condizione del rifugio si peggiora, perche ad alcuni posti non arrivano i camioni per la colpa dei radiazioni e le strade distrutte. Ma questa gente non dimenticano di rispettare, ringraziare, aiutare ed incoraggiare gli altri. Stamattina una presentatorice del programma giapponese ha letto un fax che e’ arrivata da un soppravissuto.
“ Noi combattiamo qui e voi continuate a vivire normale, andate alla scuola, andate a lavorare e sostenete a ricostriere l’economia giapponese, cosi ci aiutate. Mettiamo la nostra forza insieme e ricostriamo il nostro paese. Teniamo la testa su!”
Sono orgogliosa del mio popolo. Stiamo ricordando come sono stati giapponesi e la dignita che stavamo perdendo negli ultimi anni.

香港帰国 Ritorno a Hongkong


とうとう放射能が放出し始めた。東京は危険ではないというが、小さい赤ちゃんは大人の100倍もリスクがあるという。テオを連れ出さなければいけないと思った。

一緒に仕事をしいたイタリアの歌劇団も、急遽イタリアに帰国することになり、私も香港に帰る決心をした。家族に一緒に行こうと説得を試みたけれど、皆残るという。
取り越し苦労であることを心から願う。心配しすぎかもしれないと思う。

今晩はみんなで食事。スーパーには物がまったくなくなっているため、お弁当。こんな時でも笑いが耐えない。ひ~ひ~爆笑することもしばしば。こういう状況でもこうだから本当にすごい家族だと思う。

今回の滞在では私は仕事が忙しく、母と姉の家族たちが皆でテオを見てくれた。本当に感謝!!仕事も一段落しこれから少しゆっくり家族と過ごそうと思っていたのに、帰ることになってしまいとても寂しい。そして皆を残していくのはとても心配で、辛い。
どうか、どうかこの原発騒ぎが一日も早くおさまりますように。

Il centrale nucleare hanno cominciato a emmetere la radioattiva.
A Tokyo,250km dal centrale nucleare, oggi hanno scoperto che ci sono radiazioni anche qui ma il governo dice che il livello delle radioazioni a Tokyo non sia dannoso per l'uomo.

Ho deciso di tornare a Hongkong. Perche' dicono che per un piccolo bambino il pericolo radiazioni è 100 volte superiore. Devo proteggere Teo.

Ho chiesto alla mia famiglia di venire via con me, ma loro hanno deciso di rimanere.
Stasera siamo uniti tutti della famiglia. Siamo tristi, ma loro sono contenti che io vada con Teo.
Sara'tutto bene. Spero davvero. Amo la mia famiglia. Teo riceve cosi tanto amore da loro. Ma tantissimo.
Io prego con tutto il mio cuore che la situazione si migliora.
family+3_convert_20110315225803.jpg
Non ci dimentichiamo mai di sorridere!!! 愛する家族よ!

accoteo_convert_20110315225821.jpg
Akiko, mia sorella Aちゃんと
koyuteo+4_convert_20110315225654.jpg
甥っ子KとY

地震 Terremoto

東北巨大地震が発生してから4日目の朝を迎えようとしている。
テレビから目が離せない。けれど悲しすぎる。犠牲者の人々、家族を家を、全て失った人、いまだ寒さの中救助を待つ人。
スーパーに行ったら、空っぽに近い状態。粉ミルクもオムツもなくあせった。でも本当に食べ物を必要としているのは、被災地の人たちなんだ。

原発が心配だ。現在2号機も燃料棒が露出している状態。いったいどうなってしまうのか。

日本の新聞だけではなく海外のメディアの情報も読む。海外では政府の管理下に置かれていると日本の報道の信憑性も問いている。海外の友人から、逃げてくるなら迎え入れるとメールが来る。確かに海外メディアでは少し大げさに報道しているのかもしれない。でもはっきりいって怖くないといったら嘘だ。

ニッポンはどうなってしまうのか?

Mi sento immensamente triste per quello che sta accadendo nel mio paese.
Mi sento inpotente per non poter fare niente per la gente che ha perso tutto e ha ancora aspetta nel freddo il salvataggio.
Vorrei credere che Giappone ce la fa anche questa volta di risollevarsi da questa catastrophe.
Ma la terra continua a tremare ed ora il terzo centrale nucleare e' in pericolo di espoloere.
Dove va il Giappone?
Da domani la eletricita viene tagliata per un paio di ore tutti i giorni. Dobbiamo mettere la nostra forza insieme. Un piccolo sforzo di ogniuno insieme con gli altri puo essere grande.

Michele mi diceva sempre che dovrei stare piu’ attenta del abuso della elettricita. Ha ragione. Da oggi non faccio piu il ofuro ( bagno giapponese ), faccio solo la doccia. Fare meno lavatorice possibile, spendere le luci, non cambio subito il pannolino di Teo, se non ha fatto la cacca.

Ora a questo momento ci sone le persone che stanno lavorando al centrale nuclerare per evitare il prossimo esplosione rischiando la loro vita.
Spero con tutto il mio cuore che non ci sara piu’ delle vittime. Gia ci sono troppe.......

Io ringrazio a tutta le gente che si preoccupano di noi e ci hanno incoraggiato.
Buonanotte

全て順調に

Ormai prende lui il biberon e mangia. Non ha nessun problema anche sua mamma va a lavorare. Quando finisco a lavorare, corro a casa per stringere questo patatino!
今日で仕事が開始して4日目。T君も今では哺乳瓶を自らつかみ取って飲み、お昼寝もたっぷりし、起きている時はご機嫌と全て順調に進んでいる。ママが居なくても全然平気!
久しぶりの舞台の現場の仕事はやはりとても楽しい。外国人チーム(今回来日するイタリア人は300人!)と日本人チームが協力しあって、初日に向けて舞台を立ち上げて行くのは、なんだか文化祭のようでもあり、この雰囲気がとても好きだ。少し化粧もして、背筋を伸ばしてざくざく歩く朝の道は気持ちよい。満員電車でさえも久々で新鮮。でも帰り道はつい息子に会いたくて小走りになってしまう(笑)。
夜はヘトヘトで早寝しようと思っても、お昼寝をたっぷりし、ぎんぎんに目が冴えて絶好調のT君。ついつい一緒に遊んでしまう。いつも仕事を頑張っている旦那が夜遅くに帰ってきてT君を起こして遊びたがるけど、気持ち分かるわ~。
それにしてもT君の写真ばかりで親バカ丸出しだけど、元は遠くに住む家族に向けに発信しているブログなので、目をつむっておくんなまし。

さあさあ仕事開始。

仕事開始


Da domani lavoro con il maggio musicale fiorenrino. Teo si prepara per i giorni senza sua mamma (le tette) mangiando la crema di riso.
一年一度の頭痛の種、確定申告も昨日終了!そしていよいよ明日から仕事が始まる。今回通訳として入るオペラはイタリアのオペラ。演目はトスカ。
T君は相変わらず哺乳瓶を嫌がってはいるが、昨日観念し、ごくごく飲んだ。お米の離乳食は意外にもとても気に入り毎回完食。ふ~、取りあえず一安心。明日から6日日は朝7時に出て家に戻るのは夜遅く。最近すっかりお母さんになってたから、久しぶりの仕事にちょっとドキドキするけど楽しみでもある。ただ夜中の授乳は続いているから体力持つかなぁ(汗)。面倒を見てくれる母と姉たちの協力がなければ引き受けられなかった仕事。皆に感謝だわ。

明日からから頑張るぞ~。

さようならタイ、こんちにはニッポン Ciao Thailandia, Buon giorno Giappone

タイ最終日。最後はナイトシュノーケリングだの、クルージングだの,色々計画を立ててはみたが、ここ数日行動的だったし、ビーチの強い日差しに肌もヒリヒリ、湿疹も出る人もあり、結局家でノンビリすることに。イタリア人はとにかく太陽大好き、小麦色の肌が大好き!な国民。あれだけ焼いて日本人によくある大きなシミができないんだから羨ましい。使い古した牛皮みたいになってる人もたまに見るけど、基本肌が強いんだろうな。私は一応日本人でアラフォーなので、さすがに太陽の下でガンガン焼く自殺行為はもう恐ろしくてできない。でも夏にイタリア行くと、「あらー全然焼けてないわね。もっと焼かなきゃ!」とか、長袖をきていると「ミイラ」とか言われたりする。ほっといてくれ。
午後は二つのグループに別れ、交互にT君をみながら最後のタイマッサージに。今回行った場所は前回とは違う所。やっぱりタイマッサージは気持ち良い。香港のマッサージはひじとか指の関節使ってゴリゴリゴリゴリ!とされることが多いから、痛!となることも多々あり。

出発の朝、レンタカーしたバンに乗ってプーケット空港へ向かう。道中はイタリアの子守歌を皆に歌ってもらいビデオ撮影。イタリアの子守歌はやたらと明るい。ズンパッパー!とかいうバックコーラスまで入っちゃって、これマーチだろ、というものもある。これで本当に眠りを誘うのか?
私は母がいつも歌ってくれていた江戸の子守歌をT君に歌っているけれど、切なくなっちゃう物悲しいメロディー。だけど伝統はやはり伝えていきたい。でも子守歌にもお国柄がやはり出るのね。そんな訳で子守歌歌を全員でズンパッパーとか言いながら合唱。T君喜ぶ。
香港空港までは一緒で、そこから彼らはヨーロッパ行きのフライトに乗るためお別れ。段々皆の口数が減ってくる。最後は何度も抱擁し、頬にキスをして涙のお別れ。私はこの賑やかであったかくて面白いイタリアの家族たちが本当に大好き。夏にはイタリアに行くつもりなのでそれまでしばしのお別れ。本当に素晴らしい家族に恵まれて幸せ者だ。チャオ~!
__ 4
__ 5
__.jpg
La nostra bella vacanza in Thailandia purtroppo e' arrivata alla fine. Ci siamo salutati all'aeroporto di Hongkong. Io amo la mia familia italiana. Sono cosi generosi e divertenti. Quanto sono fortunata di avere una familia cosi! Tra quattro mesi ci vediamo in Italia. Ciaooooo.

香港は既に暖かい春の陽気。2日間ゆっくりして、T君と私は今度は東京に出発。昨日成田空港到着。母と上の姉が迎えに来てくれた。東京の冷たい空気が気持ち良い。夕方には姪っ子のN以外は全員が集まり大好物のうなぎを食す。イタリアの家族がいなくなって落ち込み気味だったT君も、今度はこれまた賑やかな日本の家族に可愛がられ笑顔復活。
甥っ子KとY。いつもT君を可愛がってくれる。2人ともサッカー少年なので(もう青年かな)、早く小さな従兄弟にサッカーを教えるのを楽しみにいてくれている。
__ 2
__ 3
Dopo i due giorni a Hongkong siamo arrivati a Tokyo. Dopo che la familia e' partita per Italia,Teo sembrava molto triste, ma ora e' contento di essere con la sua familia giapponese.
Con i suoi cugini, Ko e Yu. Aspettano che cresca lui, cosi possono insegnargli il calcio.

今回はT君を家族に預け、イタリアオペラの通訳の仕事を二週間ほどする。T君は母と姉たちにとてもなついているので安心なのだが、ただ一つの心配は突然哺乳瓶を嫌がるようになったこと。5日から仕事が始まり、最初の一週間は朝7時半位に家を出て、戻ってくるのは夜11時を過ぎることも。今まで問題なく哺乳瓶も受け付けていたのに、母乳でないと嫌がるようになっている。困った!
昨日は色々試した結果、まず母乳を与え、そのうちに口に哺乳瓶の乳首をそろ~りと近づけてすり替えるという技で成功。しかし、T君を預かってくれる母や姉たちがそれをやる訳には…。
「いざとなればくわえさせるかしかないわね!」という頼もしい姉。これぞ体当たり子守(苦笑)。

多分世の中に「お母さんのおっぱいでなきゃいやー」という赤ちゃんは多いはず。時には預けなければならず困ったお母さんにも、僕も授乳したいというお父さんにも朗報。
あったら良いなの一品、哺乳ブラ「誰でもママ」。
ブラの形状をしたもので装着型。まさに本物同然の色と形と感触で、シリコンで作られた皮膚状のブラの中にミルクを入れることができ、乳首を吸うとミルクが出るという優れもの。
ヒットすると思うんだけどな~。

プロフィール

noriketta

Author:noriketta
ピラティスインストラクター。2010年より香港在住。香港チムサーチュイのピラティススタジオIn-Motionにてマット、リフォーマー、プライベートクラスを担当。
www.in-motion.hk
プライベート、グループ出張クラスもいたします。お問い合わせはこちらまで→noritojo@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。